キャンプの定番、本格カレーの簡単レシピ、私なりの工夫と注意点をご紹介します。

カレーに目玉焼きをのっけると、これまたおいしい♪

キャンプにおすすめ!定番の簡単本格カレーレシピ

材料(2人前)

  • にんじん  1本
  • たまねぎ  1/2個
  • じゃがいも 2~3個
  • 肉     150~200g(牛・豚・鶏なんでも)
  • カレールー 1/2箱
  • 米     1.5合

以下はお好みで

  • S&B赤缶カレー粉 小さじ1~2
  • クミンパウダー  小さじ1
  • ガラムマサラ   小さじ1
  • ニンニク     チューブで2㎝
  • ショウガ     チューブで2㎝

作り方

  1. 大さじ1のサラダ油(分量外)をフライパンで熱し、粗みじん切りにした玉ねぎを弱火~中火で炒めます。
    焦げないように、玉ねぎが透き通るくらいまで炒めてください。
  2. 肉(牛・豚・鶏なんでも)を一口大に切り、1に加え、色が変わるまで炒めます。
  3. 一口大に切ったじゃがいも・にんじんを2に加えて炒め、水を入れ煮立たせます。
    炒めた具材がひたひたに水に浸かるくらいが目安。
  4. 米を炊き始めます。
    水の分量は、人差し指の第一関節が浸かるくらいがちょうど良いです。
  5. 最初は強火で、沸騰してきたら弱火にして、鍋がチリチリ鳴ってきたら火を止めて15分蒸らします。
    分量にもよりますが、おおよそ30分もあれば炊きあがります。
  6. 3で煮立たせたじゃがいも・にんじんに火が通ったら、カレールーを入れます。
  7. お好みで、S&B赤缶カレー粉やクミンパウダー、ガラムマサラ、ニンニク、ショウガなどを加えます。

キャンプでカレーを作る際の注意点

キャンプでカレーを作る際には作りすぎに注意!

ついつい、多く作りすぎてしまうカレーですが、キャンプではけっこう困ります。

もしカレーを作りすぎた場合は、近隣の方におすそ分けをしましょう。

夜の湿度が高い中、翌日までカレーを放置しておくと…
ウェルシュ菌が繁殖して食中毒になる可能性があります。

キャンプにおすすめ!定番の簡単本格カレーレシピ 工夫

お好みでスパイスを加えると、本格的な味!

S&Bの赤缶カレー粉は特に優秀です。

少し足すだけでスパイス感が増します。

そのほかのスパイスを加えると、さらに本格的な味に近づきます。

持参するのが面倒でなければ、ウスターソースを小さじ1程度加えると、味に深みが出ますよ。

白ご飯の準備方法

現地で炊くのが面倒であったり、ご飯を炊くための鍋を持っていない場合は、レトルトの白ご飯を現地で温める方法もあります。

現地で炊く場合は、1合分ずつジップロックに分けていくなど、事前に米を小分けにしておくと便利です。

出発前日にカレーを作っていく

現地について設営を終えたら、すぐに食べたい!
という場合は、前日に作っていきましょう。

前日の夜ご飯をカレーにして、多めに作って余りを持っていったことがあるのですが、かなり便利でした。

一食分の食料と材料を持っていく必要がないので、荷物が減ります。

作りすぎる心配もないし、温めればすぐに食べられて最高でした。

しっかり冷蔵庫で冷やして、キンキンに冷やしたクーラーボックスで持参すれば安心です。