冬でも行きたい、冬だからこそ行きたいキャンプ!

そんな秋から冬にかけてのキャンプで、いつも持って行っているのがこちらの写真のコロナ石油ストーブです。

キャンプ 石油ストーブ

これからの寒い季節には、石油ストーブがあると快適なキャンプができます。

というか、この石油ストーブがないと、寒すぎてキャンプに行く気になりません。

寒い時期にずーっと外にいると、体の芯まで冷えてきますから、焚き火だけでは心許ないです。

テント内 一酸化炭素中毒に注意

ただし石油ストーブを使う際には、一酸化炭素中毒が怖いので、テントの中で使用する時には注意が必要です。

使用の有無は自己判断になりますが、私はスクリーンタープ式のテントの一面と下部、ベンチレーターをあけて換気しながら石油ストーブを使用しており、真冬でもアウターが不要なくらいぬくぬく過ごせます。

ちなみに、寝るときはストーブはつけっぱなしではなく、消して寝ます。

気づかないうちに一酸化炭素中毒になって、意識不明になっていた。
なんてシャレになりませんからね。

寝る間際までスクリーンタープ内で石油ストーブをつけておけば、寝付くまで暖かいままですので、全然問題ありません。

一酸化炭素の警報機があると安心

ただ、一酸化炭素は目に見えませんし、一酸化炭素を吸っていても痛いとか、苦しいとか症状が出ないそう。

石油ストーブを使うことに不安な人は、ネットで販売されている一酸化炭素の警報機を購入して持っていけば安心して石油ストーブを使用できると思います。

一酸化炭素の警報機、安いしこれは持っておくのがおすすめ
https://amzn.to/2B7AmCu

冬キャンプ ストーブ テント内

ちなみに石油ストーブの上では、鍋をしたり、おでんを食べたり、お湯を沸かしたりできて、コンロの代わりにもなりますので一石二鳥の優れものです。

冬キャンプの際には、常時、ケトルでお湯を沸かしていると、テント内が乾燥しませんし、思い立った時にすぐに温かい飲み物が飲めます。

これも石油ストーブの良いところですね。

キャンプ 石油ストーブ まとめ

秋〜冬キャンプには必須の石油ストーブ。

ただ、数年前に購入したこのコロナの石油ストーブ、すごく暖かいしタンク容量が大きいのでキャンプ中に石油を補給する必要もないし、家で使っていてもあっという間にぬくもるので大満足だったのですが…
サイズが大きいので車への積載だけが難点でした。

今使ってるコロナの石油ストーブ
https://amzn.to/2M84ggf

他にもいろんな石油ストーブが販売されていて、ボチボチ買い替えを検討しているので、今度は、検討しているいくつかの石油ストーブをご紹介したいと思います!