雨が降ってきたけど、食事はバーベキューの準備しかしてきてないよ!
なんて状況ありませんか?

いやいや、天気予報ぐらいちゃんと確認してからいけよ。
なんて思われるかもしれませんが、山に行くと天気予報はあてにならないんです。

そんなときになくてはならないアイテムがタープ。

雨がたまらないタープの張り方なんかも紹介されていたりするけど、難燃性の焚き火タープを使っていればより安心です。

一般的なタープは材質がポリエステルなので、火の粉が飛ぶと穴が開いてしまいますし、最悪、燃えてしまって危ないのでタープの下でバーベキューをしたり、焚き火は危険だと言われています。

難燃性の焚き火タープを使っているからって、もちろん団扇をガンガンあおいだりしたら火の粉が舞って危ないですが、普通にバーベキューしたり焚き火するには十分!

難燃性のタープ
FIELDOOR ヘキサ タープ T/C 難燃性ポリコットン 【カーキ】 収納 キャリーバッグ+ロープ+ペグ+アルミ自在金具付 4~6人用

難燃性の焚き火タープを持っていれば、雨が降ってもキャンプは楽しめますよー♪