とにかくカッコいい!

と、一目惚れして購入したガソリンストーブ、MSRのドラゴンフライ。

キャンプに行くたび、

あれ?
使い方どうだっけ?

なんて迷うので、自分のために使い方をメモ。

MSR ドラゴンフライ 使い方

 

使用する前に、ポンピングやプレヒートといった一手間が必要なガソリンストーブ。

MSRのドラゴンフライも、ポンピングやプレヒートが必要です。

ポンピング

燃料ボトルに燃料を入れたら、付属の赤いポンプでポンピング。

ポンピングの回数の目安は、

  • 燃料満タン:20回
  • 燃料半分:30回

プレヒート

  1. 火力調整のバルブ(本体側)を全閉にする
  2. タンク側のバルブを全開にする
  3. 火力調整のバルブ(本体側)をゆっくり開き、小さじスプーン半分くらいの燃料がでたらバルブを閉じる
  4. チャッカマンなどで燃料に着火する

炎が小さくなるまで待ったら、プレヒート完了です。

燃焼

炎が小さくなったら、いよいよ燃焼開始。

火力調整のバルブ(本体側)を少しずつ開けていき、青い炎が出るように調整します。

(赤い炎が上がるようなら、バルブを閉じる方向へ少しずつ戻す)

青い炎が安定して出るようになればOK。

火力調整のバルブ(本体側)を全開にすれば、

ゴー!ゴー!
と、やる気満々のけたたましい音が♪

消火

ストーブを消す際は、火力調整のバルブ(本体側)はそのまま。

まず、タンク側のバルブを完全に閉めます。

徐々に火が弱まり、完全に消火して本体が冷えたら、火力調整のバルブ(本体側)を完全に閉めます。

MSR ドラゴンフライ 使い方 まとめ

 

灯油でもガソリンでも使えるMSRドラゴンフライですが、使用している燃料は常にハイオク。

謎なこだわりです。笑

燃料がなんでもOKなので、MSRドラゴンフライはキャンプなどアウトドアだけでなく、災害時にも役立つはず。

並行輸入のMSRドラゴンフライだけど、説明書はちゃんと日本語だったので安心を♪

MSR Dragonfly Stove ドラゴンフライ ストーブ